断熱・気密

「豊かな暮らしの質を求める」

家を数年後、数十年後に快適環境まで断熱性能を上げるコストはどのぐらいかイメージつきますか?
サッシ入替え、断熱入替えなど...膨大な費用が掛かるため、気軽にできる工事ではございません。
最新電化製品、再生エネルギー機器(太陽光発電)などは年々高性能化し、低価格になり、建築後の工事も比較的容易です。
だからこそ、今はその部分に費用を掛けるのではなく、「断熱・気密」を強化する事が重要になります。
断熱・気密を強化する事が「省エネで快適に暮らす」近道です。
先進諸国のようにいつも快適な温度で保ち、絶対的な温熱環境でどんどん家が好きになる生活が実現できます。

QPEX

「裏付けのある断熱性能」

なんの裏付けもなく断熱仕様を決定している訳ではございません、このQPEX(キューベックス)を使うと、住宅の面積や細かな構成データー入力することによって住宅の断熱性能(熱損失係数)、年間冷暖房エネルギー、日射取得熱、室内取得熱、暖房エネルギーのCO2排出量、を計算しシュミレーションする事ができるので、的確な断熱性能、機器を提案できます。
住まわれてからお客様のご協力を得てシュミレーションからでた数字の検証もしてきた結果が今の実績につながっております。
今後はこの様な計算式を使用するのが当たり前の住宅産業になるでしょう。
ただこの計算式を使いこなせるだけでは意味がありません。実際は内容を理解し現場での指示、施工ができてこそです。AD-houseは数年前からQPEXの必要性を感じ実践することによって、多くの経験を積み重ね確実な物としています。

QPEX計算報告書

基礎断熱

「基礎内に外気をいれない」

基礎内に外気を入れてスカスカな状態が良いという昔からの考えもありますが、AD-houseでは基礎内に外気を入れない
基礎断熱工法を採用しております。外気を遮断しておりますので、夏の湿気や冬の床冷えを軽減させます。

【夏の床下】
一般的な家
一般的な家
床下の湿った空気を排出するつもりでも、また湿った空気が入ってきてしまう。温かい外気が床下で冷やされて結露し、基礎の表面や土台部分で水に変わってしまう。→ カビや腐りの原因に...
基礎断熱の家
基礎断熱の家
夏は外気より低い地熱により床がヒンヤリで涼しく過ごしやすい。
床下に外気を入れないようにするので、湿度・温度が一定。床下は部屋と同じ感覚。→ 土台・基礎も痛みにくく長持ち。
【冬の床下】
一般的な家
一般的な家
床下の通風をよくしてあるので、床下は常に冷たく、外気温と同じ。
一階の床全てに断熱材が必要 → コストもかかる。
基礎断熱の家
一般的な家
床下に外気を入れないようにするので、湿度・温度が一定。床下は部屋と同じ感覚。基礎と土間コンクリートは室温や地熱の蓄熱層の役目でエネルギー効果と室温の安定に効果的。床下が温かいので室内も暖まりやすい。

断熱工法

「性能を100%引き出す」

充填断熱工法はわが国の在来木造住宅で最も広く用いられている断熱工法です。
どちらの断熱工法を使っても、その特長を生かして、正しく施工されていれば、その役割をきちんと果してくれます。

充填断熱(AD標準) 付加断熱

断熱材

「性能を理解したうえでの選択」

AD-houseでは、セルロースファイバー断熱とロックウール断熱の2種類で断熱材を使い分けています。 構造壁内に湿気が入らないようには防湿気密フイルム(0.2ミリ)を隙間なく張り、気密性能を高めます。 断熱と気密はセットの考えです。セルロースファイバーは、自社施工していますのでコストパフォーマンスが高い断熱材です。

防湿気密フィルム
防湿気密フィルム

セルロースファイバー断熱材

セルローズファイバーとは、天然の木質繊維のことで、
主に古新聞またはダンボールを原料に製造された断熱材。

断熱機能

隙間なく施工できるので、空気の流通を
止め、優れた性能を発揮。気密も高めます。

防火機能

延焼性試験やくすぶり試験に合格。1.5m
離れた隣家の火災にも表面が焦げただけ。

調湿機能

冬に秋田で湿度80%に加湿しても、壁内
結露は生じなかったという報告もあります。

防虫・防カビ

ゴキブリ団子にも使われるホウ酸が添加
され、防虫・防カビに威力を発揮。

防音

外を通った車に気が付かないほどの高い
防音性。

環境

高い断熱性能が光熱費を削減し、CO2を
削減し、地球環境と住環境改善に貢献。

セルロースファイバー断熱材

ロックウール断熱材

鉱石や製鉄プロセスの副産物の高炉スラグを高熱で溶かし、
均質で細かい繊維状にした後、マット状に成形加工した断熱材

断熱機能

微少で大量の動かない空気の壁をつくって
熱の移動である熱のロスを防ぎます。

防火機能

法定不燃材として認められ、燃えにくさ・
溶けにくさは実証済みです。

耐水機能

水を弾くので湿気を溜めません。

経済性

住むほどにグンと快適、省エネ効果。
わずかな負担でおトク差をひろげます。

防音

映画館やコンサートホールの防音材に使用
されているほど、高い防音性を持ちます。

安全性

ロックウールのホルムアルデヒド放散量は
JIS規格のもっとも安全な分類に対応。

セルロースファイバー断熱材

サッシ+ガラス

「サッシが足を引っ張る」

サッシは大きな熱の逃げ道。下記の表を見ても分かるように、いくら性能のよいサッシ+ガラスを使っても、
最低レベルの断熱材が入っている壁よりも熱のロスが大きくなります。断熱を考える上で開口部の補強は重要なポイントになります。
そこでAD-houseのサッシ標準仕様は、熱を伝えやすいアルミよりも熱伝導率が1000分の1と優れた樹脂サッシと
通常の乾燥空気よりも1.5倍断熱性能が高いアルゴンガス入りのLOW-Eペアガラスを使用しております。
いくら断熱材で囲っても開口部が弱ければ全く意味がありません。さらに大きな開口であれば、
その部分のみ北欧サッシ(トリプルガラス)に入れ替える提案をします。
各窓の配置や大きさをシュミレーションし設計する事で室内を明るくしながらも断熱性能を極限まで高めます。

サッシの熱貫流率比較U値

サッシの熱貫流率比較U値

熱貫流率:U値(w/㎡k)

室内外温度差1℃・1時間当たり壁から逃げる熱量を表す。(熱ロス)
数値が小さい程、断熱性能が高い