快適性能

「豊かに暮らすための機器」

豊かとは、お金がかかってリッチという意味ではなく、暖かく快適な住環境で過ごす事を指します。
年中快適温度を保てれば生活がもっと楽しく、美しい。きっと心豊かな生活がおくれますよね。
そんな快適な住環境で生活できるプラスαの機器を今まで培った「断熱」のノウハウと共にご提案いたします。
「断熱・気密」の考えなくして快適空間を得る事はできません。

ハイブリットソーラーハウス

「太陽の恵みと暮らす」

ハイブリッドソーラーハウスは、自然の恵み「太陽エネルギー」を最大限に利用できる「太陽熱利用住宅」です。
太陽熱を床に蓄熱して床暖房する結果、家中丸ごと24時間暖房になります。24時間暖房の家は、いつでも家の中の温度と湿度が一定に保たれるので、快適に過ごせるのはもちろんのこと、ヒートショックの危険を激減させ、さらに結露やアトピーやぜんそくの原因ともなるダニ・カビの発生を大幅に抑制することができます。

快適24時間暖房を実現するハイブリッドソーラーハウスの主燃料は太陽熱。床暖房だけでなく、お湯づくりもします。
太陽熱を利用する地球に優しいエコ住宅は、人にも優しい健康住宅と言えます。

ハイブリットソーラーハウス
ハイブリッドソーラーハウス 3つの運転モード

太陽熱利用で24時間床暖房の「ハイブリッドソーラーハウス」の運転モードは3つ。マイクロコンピューターが
季節や天候に合わせて全自動運転を行います。皆さまは、季節に合わせて温度調節をするだけです。

ソーラー蓄熱暖房
(日差しがあるとき)
ソーラー蓄熱暖房
暖房期、陽射しがあるときは、屋根のコレクターで暖めた不凍液を床下のパイプに循環し、蓄熱床に太陽熱を蓄えます。こうして、昼間の太陽で、夜から明朝までの暖房のための蓄熱をします。
補助暖房
(日差しがないとき)
ソーラー蓄熱暖房
蓄熱するとはいえ、天気の悪い日が続くと蓄えがなくなり冷えてしまします。
こんな時には補助ボイラーの助けをかりて、蓄熱温度を確保します。
ソーラー蓄熱暖房
(日差しがあるとき)
ソーラー蓄熱暖房
暖房が要らない季節には、太陽熱でたっぷり370リットルのお湯をつくります。春から秋まではお天気さえよければそのままお風呂に入れます。冬期も暖房運転しながら、同時にお湯沸かし運転もします。
エコロジカルな住まい

外出から戻っても、お風呂に入る前も、夜中に起きてトイレに行っても、いつでも寒さはなく、優しく守ってくれる家。
それがハイブリッドソーラーハウスの魅力です。しかも、その暖かさは自然の恵み“太陽エネルギー”
だから、全室24 時間暖房という贅沢でも何の気兼ねも要りません。

居間の様子(24時間床暖房)
部屋の温度は、秋から春まで 20度前後を昼夜を問わず維持します。
24時間床暖房は単に24時間暖かいというだけではありません。
それは家の中に、外の厳しい気候とは別の優しい快適な気候をつくります。例えば夜明け前にトイレに起きたとしても、パジャマ姿で大丈夫。
外出から何時帰っても寒い部屋に帰る心配はありません。贅沢な24時間床暖房ですが、太陽がエネルギー源だと思えば気兼ねなく楽しめます。
居間の様子(24時間床暖房)
吹き抜け、階段は居間に
吹き抜けは本来、居間に作るべきで、玄関に作るべきではありません。
開放感を楽しむことができる居間の吹き抜けも、一般住宅には寒くて実用性に欠けるものでした。階段も寒いホールや廊下におかれ、子供たちは親の顔も見ることなく自分の部屋に消えていくか、さもなくば、さみしい2階へ行くのを嫌がります。ハイブリッドソーラーハウスなら、吹き抜け本来の開放感あふれる快適な居室にできます。居間の階段や吹き抜けは2階を隔絶されたものでなく、家族のつながりの中に取り戻します。
吹き抜け、階段は居間に
ソーラー給湯(ソーラータンク)
春から秋の間は、太陽熱給湯システムとして運転し、太陽熱を利用してタダで沸いたお湯をふんだんに使えます。冬は獲得した太陽エネルギーは優先的に暖房に消費され、給湯に多くは期待できませんが、それでも暖房に使えない朝夕の弱い陽や暖房の残り熱を貪欲にお湯つくりに利用し、ソーラータンクに貯湯します。この湯は(お天気によっては水)給湯器を経由して屋内に供給されます。
ソーラー給湯(ソーラータンク)
屋根一体型コレクター(太陽熱集熱器)
太陽熱を集めるコレクターは、屋根下地に直接取付けられ、屋根材としての役割も果たします。選択吸収膜装備の高性能集熱器です。

配管が露出することなく、外観もスッキリ。屋根荷重は薄いカラースレートの3分の2程度と軽量。コレクターの表面は強化ガラスで安全です。
屋根一体型コレクター(太陽熱集熱器)
床が太陽熱を蓄える(蓄熱床)
昼間しか照る事のない太陽で、夜更けや翌朝の暖房を確保することが出来なければ、とてもソーラー暖房とは言えません。そのためハイブリッドソーラーハウスは昼間、屋根で集めたの太陽熱を、床下のコンクリート蓄熱体(蓄熱床)に効果的に蓄えます。温まった蓄熱床は夜間を通して屋内を暖め続け、翌日までも熱を持ち続けます。こうして、真冬でも1日晴れれば、翌日の昼過ぎまで火の気は要りません。(地域や建物仕様、暖かさの好みによって変わります)
床が太陽熱を蓄える(蓄熱床)
CSコントローラー
しなくてはならないことは、温度設定を上げたり下げたりだけ。マイクロコンピュータを内蔵したCSコントローラは、各部の温度を常に監視し、ハイブリッドソーラーハウスをもっとも効率の良い運転状態に保ちます。蓄熱床や貯湯タンクの温度や運転の状況が常に表示されます。
csコントローラー

ソーラーQ&A

「ハイブリッドソーラーハウスは何が快適か?」

ハイブリットソーラーハウスに関して、一般的によくご質問いただく内容をFAQとして下記にまとめました。
下記にない場合は、お問い合わせフォームやメールにてお問い合わせください。

Question 01.
太陽電池とどこが違うのですか?
Question 02.
空気を汚さず、安全と聞きましたがもう少し具体的に教えてください。
Question 03.
必要なのは冬だけで、夏は要らないんじゃないですか?
Question 04.
空気清浄器でもないのに、どうしてダニとホコリを排除できるんですか?
Question 05.
カタログデータだけではどうも納得できないんですが?
Question 06.
両親は高齢なのですが大丈夫ですか?
Question 07.
2Fの各部屋(吹き抜け以外の部屋)の暖房はどうなるんですか?
Question 01.
Answer 01.
太陽電池とどこが違うのですか?
最近ニュースなどでも少し話題になりました「太陽電池」ですが、これも太陽電池を屋根に取り付けて太陽のめぐみを利用しますが、その仕組みや利用形態はまったく違います。
ハイブリッドソーラーハウスは、太陽熱により水を温めてソーラー畜湯タンクに溜め、またそのお湯を床下に循環させて床暖房やお風呂のお湯として使用します。
太陽電池は、太陽光を屋根の集積パネルにより集めてそれを電気エネルギーに変換して利用します。つまり室内灯やエアコン、その他の電化製品を利用出来るようにするものです。通常の電力会社から供給される電力の一部を太陽電池によってまかなうものです。
Question 02.
Answer 02.
空気を汚さず、安全と聞きましたがもう少し具体的に教えてください。
Q1でも簡単にお答えしています通り、太陽熱で水をお湯にして循環させるものですから、ファンヒーターのように石油を燃やしてCO2を発生させたり、ホコリをまき散らして空気を噴射させたり、といったことはありませんし、普段歩き回るところに石油がないというのは、なにより安全ですね。 太陽熱は無限で無料、そして何よりも空気を汚さず、地球を汚しません。石油資源も限りがあります。これからは石油に頼らないエネルギーを考えていかなければなりませんし、環境意識(エコロジー)が一般化すると共にCO2を大量発生させる石油炭素などの化石燃料をできるだけ使わない暮らしのあり方が社会問題として取り上げられるようになっています。子供や孫たちの時代への影響を考えれば、空気を汚さないことは大変重要なことです。人工的な快適さではなく、燃料費を気にせず自然で健康的な快適さをいかに得るか、という点でも太陽熱の利用に関心は高まっています。
Question 03.
Answer 03.
必要なのは冬だけで、夏は要らないんじゃないですか?
ハイブリッドソーラーハウスは熱を利用するという特性上、「暑い夏には不要」と思われがちですが、ご心配には及びません。
ハイブリッドソーラーハウスの運転モードは3つあります。しかもそれはマイクロコンピュータが「季節」「天候」などに合わせて全自動運転を行います。皆さまは季節に合わせて温度調節をするだけで快適な生活が送れます。ちなみに夏場や暖房が要らないときは、床暖房はストップして太陽熱で370リットルのお湯(80℃)を作ることに専念します。ですから汗をかく夏場でもガス代など気にせずたっぷりのお湯で気兼ねなく何度でもシャワーをお使いいただけます。
Question 04.
Answer 04.
空気清浄器でもないのに、どうしてダニとホコリを排除できるんですか?
アレルギーやアトピーの原因となるダニは、繁殖するのに60~80%の湿度が必要ですが、まろやかなハイブリッドソーラーハウスの低温暖房では、室内の湿度は平均して50%近辺で爽やかな乾燥状態になり、家の中に温度・湿度にムラがないため、極端にダニの少ない健康的な家になります。ホコリやダニの糞などをまき散らし、鼻や喉を痛める不快な温風もありません。空気を清浄するというわけではありませんが、家全体が「ダニやホコリを根本から断ち切る環境」になり、結果的にダニやホコリを排除することになります。
Question 05.
Answer 05.
カタログデータだけではどうも納得できないんですが?

積極的にハイブリッドソーラーハウスを取り入れていただいたお宅で温度変化記録をしてみました。実際に暮らしながらデータ取りを行ったので、現実的な記録となっています。

【真冬1月の記録】

室内温度は17~23℃と昼夜であまり変わりありません。17~23℃、平均室内温度20℃弱では寒いように思われますが、部屋そのものが温もりを持っている上に、床からでる遠赤外線によって身体が温まるので充分なのです。ムッとした熱感はなく、爽やかな暖かさを感じることが出来ます。不快なファンの風もありません。また、補助暖房も真冬の6日間で、たったの3回稼働しただけでした。(ハイブリッドソーラー協会実質調査調べより)

Question 06.
Answer 06.
両親は高齢なのですが大丈夫ですか?
暑いほどの居間と冷え切った廊下など…家の中での極端な温度差や、ムッとする暖房、のどを痛める乾燥、冷たい足元、石油やガス暖房機で汚れた空気など、家の中には危険がいっぱい。そして、被害者はまず、お子さまや高齢者や身体の弱い人です。ハイブリッドソーラーハウスのやわらかな終日暖房は、空気を汚さず、危ない機器や操作もなく、弱者に優しい住宅環境を作ります。

Question 07.
Answer 07.
2Fの各部屋(吹き抜け以外の部屋)の暖房はどうなるんですか?
家全体24時間暖房できる状態ですので、気温だけでなく床も天井もテーブルの表面も家具も全て同じ温度になります。断熱材で囲われた内側は家中の木材も空気も全て同じ温度になるので、2Fの個室でも自然に暖かいのです。こういう状況では暖かいという表現より「さわやか」といった方が適切かもしれません。
私たちは、寒い冬の時期にカレンダーを持って過去建てられたお客様を訪問するのですが、ハイブリッドのお客様の家は本当に心地いいです。まず家にスリッパがない。なんせフローリングに裸足ですから。しかもトイレも洗面も風呂も全て床暖していますから家中での移動は全く苦にならないようです。お客様の家に15分もいると、その後4時間くらいは足の裏がポカポカしていますから本当に不思議です。これが遠赤外線効果でしょうか。ぜひ一度体験見学されることをお勧めいたします。

24時間冷暖房

「ローコストで快適機器」

24時間エアコン1台で全館冷暖房するという考え。いたってシンプルです。24時間継続運転する事で得られる快適さにはビックリです。
全館冷暖房するのに下記のようなランニングコストで出来るのがエアコン。そこにはもちろん条件があります。
当社標準断熱仕様で、指定する位置、容量を取り付ける事で実現できます。
しっかりと断熱計画されていない家で、電気屋さんが進めるエアコン容量では実現できません。このコストでこの環境を体感してください。

24時間冷暖房運転による例:たつの市 M様

延床面積:30.8坪(吹き抜け含む) 家族構成:4人

電気使用量:2012年11月~2013年11月(31坪 冷暖房24時間連続運転、エコキュート、はぴeプラン)

使用量
(月31日換算)
金額
(月31日換算)
6月
電気量からの差額
冷暖房使用量
(冬期調理湯考慮)
6月
電気量からの差額
冷暖房金額
(時間帯別)
2012年11月 649kwh 12,457円 208kwh   2,499円  
2012年12月 985kwh 17,822円 544kwh   7,865円  
2012年1月 1,017kwh 18,095円 577kwh   8,138円  
2012年2月 844kwh 14,564円 403kwh   4,606円  
2012年3月 699kwh 11,789円 258kwh   1,831円  
2012年4月 552kwh 9,915円 111kwh 1,782kwh   24,939円
湯調増込暖房費
2012年5月 441kwh 9,958円   1,479kwh
(調湯考慮)
43円 21,943円
(調湯考慮)
連続暖房費
2012年6月 457kwh 10,882円 0kwh   0円  
2012年7月 637kwh 15,046円 180kwh   4,164円  
2012年8月 643kwh 15,847円 185kwh   4,965円  
2012年9月 471kwh 11,172円 14kwh   290円  
2012年10月 511kwh 11,593円 53kwh
(冷房10kw)
389kwh 711円
(冷房240円)
9,659円
連続冷房費
  7,905kwh 159,140円 7,448kwh 1,868kwh   31,602円
年間連続冷暖房費

※ 31,602円 ÷ 12ヶ月=2,635円/月

AquqLayer

「水蓄熱床暖房・床涼房システム」

床の下にある、水がたくさん入った蓄熱層。部屋全体の床下に薄平たく「水の層」を敷き詰めます。
自然に対流する水は、快適温度を運びます。それは、体温よりちょっと低い温度です。
冬は、室温よりちょっと高い温度の「床暖房」で、夏は室温よりちょっと低い温度の「床凉房」です。
AquaLayerは、快適空間を提供してくれる新しい時代の「家の蓄熱材」です。

床暖房・床凉房の両方の機能を兼ね備えた、アクアレイヤー6つの特徴
四季を問わず、快適さをもたらします
四季を問わず、快適さをもたらす
夏は、昼間風を通すことによって外気の熱が室内に溜まってしまいます。夜間冷気が昼間たまった熱を持ち去ります。温度が低めの水蓄熱層が床凉房になります。
冬は、太陽から床への日射を吸収して素早く水に熱を伝えます。床で吸収した熱を水にため込み、溜めた熱を少しずつ放出して床暖房になります。
四季を問わず、快適さをもたらします
少ないヒーターで床全面が暖かい
水の対流で部屋の隅々まで均一な温度が広がるので温度ムラがありません。 アクアレイヤーは、長さ1mから100mまで自由自在に設定できるので、四角いスペースはもちろん、三角コーナーやラウンドスペースなど、どんな形の部屋でも床全面に敷き詰めることができます。
四季を問わず、快適さをもたらします
床に座ってもお尻が熱くならない
座っているとお尻の下が熱くなってちょっと不快。自然対流するアクアレイヤーは、ポカポカと暖かいのに時間が経っても熱くなりません。床暖房の存在を忘れてしまうくらい快適です。
四季を問わず、快適さをもたらします
太陽エネルギーも熱源可能な省エネ設計
熱源が自由に選べるのは、アクアレイヤーだけです。電気シートヒーター、ヒートポンプ、ガスボイラー温水配管、空気集熱システムなど。 複数の熱源を併用することも可能です。
四季を問わず、快適さをもたらします
安全面で高度なシステム
電気シートヒーターには、過昇防止センサ、PTC(火災防止)機能を装備。万一釘を打たれても穴の開いたアクアセルの位置を特定できるから安心です。またシステム全体が低い温度で使用するため、高温による材料の劣化がなく、とても長持ちします。
四季を問わず、快適さをもたらします
備蓄水や静穏効果機能
大量の水道水が入っているアクアレイヤーは、緊急時に生活水として使用することが可能です。食品用の一級品基準をクリアしているので安心して使用いただけます。また静穏効果としても、床に衝撃が加わると床下に敷き詰められている水の層が、変形して衝撃を吸収します。

再生エネルギー利用

「再生エネルギーの組み合わせ」

太陽光発電と太陽熱温水器の組み合わせ
ソーラー・パネルで電気に変換して利用できるエネルギーは10~20%と言われています。 太陽光発電では、太陽エネルギーの80%以上は電気に変換されず、効率が悪いのが現状。 これに対し太陽熱温水器は、太陽エネルギーの50~60%程度を熱エネルギーに代えて利用できるといわれています。
変換率が高いという事はお湯を沸かしたり、暖房に使ったりするなら、太陽熱温水器の方が太陽エネルギーを有効活用できます。
家庭内エネルギー使用量30%が給湯に使用されています。この給湯を削減できれば大きな省エネにつながります。
家庭には電気も給湯も必要。太陽光発電と太陽熱温水器のどちらかという考え方ではなく、組み合わせて、太陽エネルギーを有効活用するという考え。
太陽光発電と太陽熱温水器の組み合わせ
ハイブリットソーラーハウスと太陽光発電の組み合わせ
最大限の太陽エネルギーを有効活用する。屋根の面積に限界がある家でも、特殊架台を組んでしまえば発電パネルとハイブリットパネルは設置可能。最高の環境とランニングコストを実現できる組み合わせ。給湯をや暖房を少し補うという事ではなく、ハイブリットソーラーハウスに、太陽光発電を設置する。電気、給湯、暖房を最大限利用できるシステムになります。
ハイブリットソーラーハウスと太陽光発電の組み合わせ