リノベーション

リノベーション

「家」と「住まう人」に最適なリノベーション

50年、100年先も住み心地よく、快適に便利。
「家」は暮らす人が安らぎを得て、創造性を発揮しながら人生の時を過ごす大切な場所です。

AD HOUSEがご提案するリノベーションは「家」そのものが持つ目的と使命を明確に
未来に活きる頑強な構造と時代が望む最新のテクノロジーを高次元融合。

必要な性能を追加することで、既存住宅を超寿命化させ住宅にかかるコストを低減。
耐震改修により資産価値の向上を計ると共に、安心・安全に快適性能を備え、
自由な表現と緻密なデザインで施主様のフルオリジナルを実現します。

快適・便利に住宅を超寿命化する

「私たちが考える大切な4つの要素」

  • 01

    耐震性の向上

    「家」と「住まう人」に最適な耐震強化プラン。

    住宅を超寿命化し、現在を快適に、そして未来へと向かって必要な機能を備えるリノベーション。住宅そのものの耐久性能を高める基礎や構造部の強化は最重要課題となります。

    耐震性の向上

    耐震性 x Renovation

    50年、100年先へ。「家」と「住まう人」に最適な耐震強化プランをご提案いたします。

    住宅を超寿命化し、現在を快適に、そして未来へと向かって必要な機能を備えるリノベーション。その中でも耐震性は計画全体の要となる部分であり、住宅そのものの耐久性能を高める基礎や構造部の強化は最重要課題となります。

    住まいの長寿命化を進める上で極めて重要な要素となる耐震性の強化。しかし、その機能強化の真価は、いざという時か、ずっと時間が経過した後でなければ実感することはありません。

    AD HOUSEでは、ヒアリングなどに基づく所見をふまえ、長寿命化リフォームの設計、施工に精通した検査員(インスペクター)による、必要とされるインスペクション(建物調査)を実施。現況の老朽度、耐震性、省エネルギー性、バリアフリー性などを正確に把握し、長寿命化リフォームの主体である「住まう人」の視点を大切に、その「家」と「住まう人」に最適な耐震強化プランをご提案いたします。

    また、耐震性のみならず、「家」そのものの性能が最大限に発揮されるよう、省エネ、断熱化、雨水進入を防止する外皮のメンテナンスによる耐久性の向上など、複数の要素と併せ、複合的・合理的なリノベーション計画の実施を推進しています。「耐震」の詳細はこちらをご覧ください。

  • 02

    断熱性能の向上

    断熱性能をアップして、快適に健康に住まう。

    省エネ・断熱化は、エネルギー消費量を抑えるだけでなく、「住まう人」が快適かつ健康に住み続けることができ、住宅の長寿命化を推進するうえで重要な要素となります。

    耐震性の向上

    断熱性能 x Renovation

    断熱性能をアップして、温熱環境を改善。快適に健康に住まう。

    住まいの省エネ・断熱化は、エネルギー消費量を抑えるだけでなく、温熱環境を改善することによって「住まう人」が快適かつ健康に住み続けることができ、住宅の長寿命化リフォームを推進するうえで重要な要素となります。

    近年、窓断熱の認知度が高くなり、ガスを封入した二重サッシや熱伝導率の低い樹脂サッシの導入により高い断熱性能を持つ家が多くなってきていますが、外壁・屋根・天井・床の断熱改修の普及は未だ普及途上にあり、これから行われる既存住宅のリフォームにおいて大きな成果が望める要素です。

    住宅の省エネルギー性能の獲得は世界的な課題となっており、新築住宅では2020年に省エネ基準適合が義務化。続いて2050年には全ての住宅でゼロエネルギーの実現が掲げられています。こうした動きに合わせ、既存住宅も一層の省エネルギー化を目指していくことが必要とされており、AD HOUSEでは快適と省エネに積極的に取り組み、エネルギー効率の高い燃費の良い家。簡単な施工で、既存住宅の断熱材性能を活かすことのできる「気流止め」などの施工を行い、様々な方向から断熱性能の向上を計るプランをご提案すると共に、耐震化など、その他の性能向上リフォームと併せて複合的・合理的にご案内しています。「断熱気密」の詳細はこちらをご覧ください。

  • 03

    補助金活用

    地域最新・最適。国と地方自治体の優遇制度をW活用。

    国の優遇制度にプラスして、多様な自治体の優遇措置を課長するべく、お客様がお住まいの自治体の補助金制度を徹底調査。最新の情報と知識で最も「お得」なプランをご提案いたします。

    補助金活用

    補助金活用 x Renovation

    国と地方自治体の優遇制度をW活用。地域最新のお得情報をご案内します。

    機能充実、創造性の高い洗練された住まいの空間づくりをご提案するAD-houseのリノベーションは、補助金活用も最適のプランをご提案。【補助金】【税制】【ローン】といった各種優遇制度を国と地方自治体とWで精査。

    国の優遇制度にプラスして、多様な自治体の優遇措置を課長するべく、お客様がお住まいの自治体の補助金制度を徹底調査。最新の情報と知識で最も「お得」なプランをご提案いたします。
    リフォームで活用出来る優遇制度は、
    【補助金】
    省エネ住宅ポイント、長期優良住宅化リフォーム推進事業、既築住宅における高性能建材導入促進事業、地域型住宅グリーン化事業(高度省エネ型/ゼロエネルギー住宅)、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業、耐震診断・改修補助事業、介護保険住宅改修費、エコ設備補助。
    【税制】
    住宅ローン減税、省エネ改修減税、耐震改修減税、バリアフリー改修減税。
    【ローン】
    高齢者向け返済特例制度、フラット35リフォーム一体型、などがあり。加えて、地域特有の補助制度は「防災」「地域産業振興」「環境施策」「景観」「若者安住」「地域福祉」など、多種多様なジャンルに渡ります。

  • 04

    「今」の生活にあったプランニング

    住まいの目的と在り方。願いを叶えるリノベーション。

    AD HOUSEがご提案するリノベーションは、住み心地よく、そして便利に楽しく。
    未来に活きる頑強な構造と時代が望む最新のテクノロジーを高次元融合。

    「今」の生活にあったプランニング

    プランニング x Renovation

    住まいの目的と在り方。暮らしを護る家。その在るべく使命を叶えるリノベーション。

    リフォームという言葉は「Re + Form」で「形を元に戻す」という意味で、経年劣化して失われたり損なわれたりした家の機能を回復することを目的に修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処することを指します。一方、リノベーションは「Re + Innovation」となり、Innovationを和訳すると、「革新」「刷新」「一新」といった意味で、機能、価値の再生のための改修、暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うことを指します。

    私たちAD HOUSEが求める「住まいの在り方」とは、50年、100年先にも通用する構造の強さと、省エネシステムなどテクノロジーの進化に合わせて設備をアップデートできる仕組みを備え、住む人共に未来へと向かいながら、ヒートショックの抑制、省エネを叶える断熱性やアレルギー対策など、その時々に求められる快適性を叶え続けるものでなければならないと考えています。

    AD HOUSEがご提案するリノベーションは、住み心地よく、そして便利に楽しく。健康面の配慮を十分に、健康長寿な人生にも貢献する住まいを創出するべく、未来に活きる頑強な構造と時代が望む最新のテクノロジーを高次元融合。安心・安全に快適性能を備え、自由な表現と緻密なデザインで施主様のフルオリジナルを実現。50年、100年先まで住み継がれ、大切に受け継がれる「住まいづくり」をご提案いたします。プランニングの詳細はこちらをご覧ください。

リノベーション実例集

GALLERY

リノベーション実例集